しちまる公式ページ|ボクは質屋さんの看板犬|大好きな相撲の力士に似た蔵のあたまが自慢なんだ♪

 · 

質屋が解説「断捨離」

質屋が解説「断捨離」

 


ついに出てしまったこのテーマ。「断捨離」

質屋の私(女子です)ですが、まっっったく!断捨離できません。。。

 

だから店頭で、「本当に売ってしまっていいんですか?売ってしまうとお手元にもどりませんよ?質預かりもできますよ?」と、しつこく、ウザく、質預かりをお勧めしてしまいます。

 

シンプルに生きれば、諸々の煩わしさから解放されるかもしれません。憧れです。この章のテーマですよね。もちろん質屋は買い取りもしますので、ご不要なものは積極的に買わせていただきます。

 

でも、質屋が真価を発揮するのは、必要かどうか迷った時。

 

まず、質屋にお値段を聞いてみましょう。それから売る!売らない?もったいない!?を決められます。これは値が上がるから今は売らない方がいいですよ。なんてアドバイスもあるかもしれません。

 

それでも迷った時は…質屋に預けてみてください。

質預かりには処分までに3ヶ月間の猶予があります。3ヶ月、じっくり考えて取り戻すのもよし。忘れちゃうぐらいなら、始めから必要なかったものなので、ほうっておけば自動的に質流れになります。(お客様の与信情報にも一切傷はつきません)

 

質流れが質屋さんに申し訳ない。と考えて下さる方もいらっしゃいますが、うちの場合だとだいたい3割ぐらいは質流れになるので、それも含めて通常業務です。

 

質屋を上手く使って断捨離を敢行してください。←私もだ(笑)

担当:和田質店 和田